So-net無料ブログ作成

またまた、入院・・・ [入院]

先週、またまた入院しました。
今度は、電気系・・・・

先週、久々にゴルフに行くので、クルマを実家から出してきたのですが、
自宅につくまでの間に、突然、鳴らしていたオーディオが切れました。
それから、車を止めて色々調べると・・・
エアコンのファンが止まり、ヘッドライトのハイビームが点かなくなり、
パワーウインドウが動かなくなり、集中ドアロックが動かなくなりました。

不思議なことに、エンジンは動くし、ロービームは点くし、
ウインカーは点くし、メーターのランプは点くし、
電動リアウイングも動くのです。

要するに、車両を運転するために必要なモノは機能し、
それ以外のモノが、機能しなくなったのです。

とりあえず自宅まで乗ってかえって、運転席用のエアコン吹き出し口下にある、
ヒューズボックスを開けて、一つ一つ点検しましたが、どれも正常。
リレーボックス(たぶん^^;)が、同じ種類のものがいくつか付いていたので、
入れ替えてみましたが、変化なし。
後は、一つしか付いていないリレーボックスが2つありましたが、入れ替え不可で確認できず。
テスターも無いので、これ以上は、無理。

・・・・・ゴルフには、嫁さんのアルトで出かけることになりました・・・・
(アルトも結構、よく走りますけど^^;)

で、入院ですわ・・・
主治医(アルファサービス社長)に「あれとこれと、これが動かないんです」と説明すると、
「ん〜、おおもとのところで、断線してるようやねぇ・・・」とのこと。
ま、そうだと思いますけど(^^;)

で、電気系の修理と一緒に、できれば「エンジンガクンッ!」も見てもらいたいことをお願いしてきました。
あと、ETC取り付けも♪

しばらく時間が掛かります・・・・・(−−;)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

壊れました・・・・・4 [入院]

さて、5/13(金)に、アルファ・サービスさんから連絡が入りました。
「原因が特定できました。やっぱりクランクシャフトのフロントカバーにはめ込んであるベアリングでした。」
「で、フロントカバーの在庫を確認していたのですが、本国(イタリア)から在庫ありという回答がきています。」
「もちろん、ベアリングも在庫があります(2つ必要、高いんですわコレがーー;)」
「どうされます??」
「・・・明日、午後にでも伺いますわ、そのとき相談しますわ。」

そして14日(土)午後3時ころ、アルファ・サービスさんにsuzukiのkeiで行きました。
1回しか行ってない(しかもトラックの後を付いてきただけ)ので、なかなかたどり着きませんでした(^^;)が、なんとか着きまして「こんにちわ〜」
目の前のリフトに僕のテーマが乗っていました。一度、底を見てみたいと思っていたので好都合と思ったのですが、すぐにボンネットが目の高さにくるくらいに降ろされてしまいました、残念!
「やっぱり、フロントカバーにはめ込んであるベアリングの所ですね、悪いのは、ここです、このパーツ」
「同業者のことなので言いたくないですが、ひょっとしたら、○○自動車という工場で、失敗していたのかもしれないと思うんですよ」
「整備の記録を見ていても、そういうことが見えてきますし。セオリー通りの仕事はしたのでしょうが、8.32特有のクセを知らなかったのかもしれないと思うんです。」
「で、フロントカバー、ベアリング(2個)を交換したら、直ります。それと、念のためにタイミングベルトの交換と、この際だからウォーターポンプも交換したほうが良いと思います。」
「・・・・・そ、それで〜、いくらくらいになるのですか?」
「ん〜、正確にはアレですが、大体○○万円前後ですね。」「!!!!!」
当初、社長の話では○○○万円という話だったのに、意外な金額の提示!
「直すより、もう一台程度の良い個体に乗り換えた方が良いかもしれない」ということだったのに。
もちろん万々歳ですよ、高いのは高いけど(^^;)

「それと〜、サスなんですが、これ、かなり車高低くなってるでしょ?このままだと車検もギリッギリだと思うんですよ。ついでといっては何ですけど、ノーマルに戻されたらどうですか?」
「それは、納車したときから考えてたことなんですわ、金額的に手頃でしたらやりたいですが・・・」
「部品と交換技術料込みで、4本で○万円くらいですよ」「!!!!!!」
これも、思わぬ金額が提示されました♪即、お願いしたのは言うまでもありません。

というわけで、我がランチア・テーマ8.32は、約3ヶ月の入院生活に入ることになったのでした。


壊れました・・・・・3 [入院]

修理に出しました。5/7の土曜日です。
入院先は、アルファ・サービスというところで、かなり有名なショップです。
事前に電話して、「こんな症状ですねん」と伝えたら、
「あ〜多分、ベアリングですね。」とのお返事。
「え?ベアリングですか??」「多分ですが、その音はベアリングです」
「オイルがかなり減っていて、3Lも入ったのですが」
「8.32は確か10Lぐらい入りますよね、ちょっと減ってますけど、それが直接の原因ではないと思いますよ」
「そうですかっ♪」
とりあえず、一安心です。
「で、その修理はいくらくらい掛かりますかねぇ・・・・?」(一番気になるところ)
「ん〜〜〜、実車を見ないと、どうとも言えませんが」
「今まで、同じような症状の修理をしたときは、どれくらい?」
「さまざまなんですが・・・ん〜100万から150万くらいですかねぇ、安く済む場合もありますけど」
「・・・・そんなに掛かるのですか」
家庭内抵抗勢力とのやりとりが目に浮かびました、トホホ。

で、5/7(土)に入庫することになったのですが、乗っていく訳にもいかず、
運送業者を手配してもらいました。

後ろから、suzukiのkeiで追いかけたのですが、頭の中では、
「どなどなど〜な〜どぉな〜〜〜♪」が流れていました。
売る訳ではないのですが、なんかそんな気持ち(−−;)

アルファ・サービスに到着し、運送屋サンに代金お支払い(22,050円)。けっこう掛かりました(;_;)。

社長さんにご挨拶し、早速点検してもらいました。
聴診器の先に、あの黒板を指し示す伸び縮みするペンのようなものが付いた器具を持ってこられ、
あちこちとエンジンの音を聞いていました。
「やっぱり、ベアリングのようですね、もう少し詳しく調べないといけませんが。」
それから前オーナーが残してくれていた整備の記録を検討。
「ん〜〜〜、あっ、このクルマ、前にもベアリング交換してますね」
「ん???大きな作業を2回ほどしてますが、距離の記録を見るとメチャメチャ短期間短距離で同じような作業してますね。」
「こりゃ〜、持病を持ってるのかな、このクルマ」ホントにお医者さんみたいです。
どうやら、ベアリング自体が悪いのでなく、ベアリングを付けている(というか、覆っているというか)土台となっているクランクシャフトのフロントカバーとベアリングのすりあわせ部分にガタがきているのではないか、とのことでした。

とにかく、その日はクルマを預け、もう少し詳しく調べてもらって連絡してもらうことにしました。


壊れました・・2 [入院]

さて、次の週の土曜日(4/23)、休日出勤する必要があったので、
テーマに乗ってみようかと思いました。
でも先週、「カンカンカン」事件があった後なので、とても心配。
テーマに乗りに、suzukiのkeiに乗って嫁の実家に向かう・・・実は、
自宅マンションにはガレージが1台しか確保できないので、嫁の実家に
置かせてもらっているのです。約40分の行程。

嫁の実家に到着して、愛車カバー(というのでしょうか^^;)を剥がし、テーマと対面。
何度見ても、良いデザインですわ。
特に、しゃがんで斜め左下から少し見上げ気味に見るとゾクッとするほどです。

そして、エンジン始動。
「カンカンカン」が聞きようによっては「カランカランカラン」とか
「キャラキャラキャラ」と聞こえる。
というより、ディーゼルエンジンかと思うくらい(−−;)
フェラーリエンジンがディーゼル化するとは・・・トホホ。
あまりにカンカン音が大きいので、その日、テーマに乗るのは諦めました。

そしてkeiで出勤し、仕事をちゃっちゃと片付け、速攻で帰り、
途中オートバックスに寄って、agipのモーターオイル(4L)を購入し、
嫁の実家に戻って、オイルを補充しました。補充量は3L・・・
なんか、ものすごく入りますね。でも、総量が10Lやから、こんなもんかも。
オイル補充して、しばらくエンジンを回してみたのですが、好転する兆しはない。
諦めて、修理に出すことに決めました。

しかし、家庭内の抵抗勢力との対決が・・・・続きはまた(^^;)


壊れました・・・・( ̄□ ̄;) [入院]

壊れました・・・・
しかも、エンジン・・・・

腰の調子も良くなり、4月16日(土)に約3週間ぶりに乗ったのです。
心は「♪」マークでした(^^)

時間も遅かったので40キロほど走って戻ってきたのですが、
ガレージに入れて、エンジンかけたままアコーデオンシャッターを閉じていたら、
「カンカンカンカン・・・・・」とかすかな音が聞こえてくるではないですか!
心は「?!?!?!?!?!?!?!?!」マークに一気に変換!
「うわ〜〜〜っ!壊れたんちゃう??」「まだ3ヶ月しか乗ってないのに!」
ボンネットを開けると、確実に「カンカン」いってます( ̄□ ̄;)

あわてても仕方ありませんから、いろいろと原因を考えてみました。
「あっ!」
「オイル警告、ホンマモンやったのと違うか???」
エンジンを止めオイルゲージを抜いてみました。LOWぎりぎりの状態!
「あっちゃ〜〜〜!」

もう、暗かったのでその日はとりあえずそこまでにしました。
日曜日は用事があったのでクルマに触ることができませんでした。
そして次の週の土曜日・・・・・・続きはまたの機会に(−−;)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。