So-net無料ブログ作成
インプレッション ブログトップ

真夏の炎天下 [インプレッション]

先週の話になりますが、「みなとこうべ海上花火大会」というのに、行ってきました。

今回は、嫁や親など、総勢5人の大人で出かけることになり、5人乗れる車は、我が家にはテーマしかなく、炎天下の渋滞の中にハマることになるので、乗り気はしなかったのですが、テーマで出かけることにしました。
この夏一番の暑さだった日です。
それにしても我がテーマのことを、我が母にいわせると、「外車で行くんか・・・ガソリン蒔いて走ってるようなもんやな」らしいです(^^;)。

出かけたのは、お昼頃。
そのころですでに、外気温は35度以上だったのではないでしょうか。
もう、出庫したときから、僕の目は、水温計と油温計に釘付けです!

最初の頃は、結構スムーズに流れていたので、エアコンガンガン掛けていても、水温は90度くらいで安定していました。
で、阪神高速に乗ったのですが、神戸方面、渋滞の表示が・・・・
神戸線は16キロくらいの渋滞になっているようでした。
こんな渋滞の列にハマっては、大変なことになります。
それで、湾岸線方向に進みますと、全然渋滞していない、ラッキー!
しかも、海の上を走る所もあって、外気温も32度くらいで、かなり低い(比較しての話ですが^^;)
で、ここも、水温は90度くらいで安定していました。
85度くらいになることもあり、冷えすぎかと思ったくらいです。

阪神高速を降りたら・・・・これまた、神戸市内は渋滞という感じではなく、95度くらいが最高で、これも安定。
もちろん、エアコンはガンガン掛けています。

私にとって、テーマで夏に走るのは、今夏がはじめて。
納車された去年の夏は、修理で入院していましたから(ーー;)
夏場のテーマについて、当然のことながら、あまり良いウワサは聞きませんので、相当びびっていたのですが、案外、いけるので、いい意味で拍子抜けです。

それから、時間があったので、異人館街を見物に行ったのです。
ここで、軽い渋滞に引っかかったのですが、それも約5分くらいでした。
・・・・・みるみる、水温が上がっていくではありませんか!
渋滞自体は短いのですが、狭い道のために風が全く流れておらず、外気温もテーマの温度計で39度!(ありえないですが^^;)
あっというまに、115度を越えました! ヤバイッッッ!
思い切って、エアコンを切ってみましたが、さほど効果はなく、オーバーヒートの恐怖から、私の体温もぐんぐん上がる気がして、余計に暑く感じます。
同乗の人たちは、私が一人、オーバーヒートと戦っていることなど知るよしもなく、「何でエアコン切るんや」とかなんとか、勝手なことを言っています(TロT)。
幸いにも、5分くらいで渋滞を抜けましたので、なんとか、120度手前まで行ったところで水温を下げることが出来ました。

それから、ハーバーランド内の立体駐車場に停めることにしました。
これも、あとで大変な思いをすることになるのですが、その時は何とも思いませんでした。

花火を見終わって、夜の9時過ぎ、立体駐車場にクルマを取りに行くと、ま、当初から予測できたことですが、立体駐車場内の通路を、駐車場から出ようとするクルマで埋め尽くされています。

あああぁぁぁ・・・・・・えらいこっちゃ。
出るまで何時間かかるやろう・・・
時間の問題ではなくて、水温の問題が・・・・(−−;)

駐車場内は、多数のクルマのアイドリングのせいもあって、モノスゴイ熱気に包まれています。
当然、車内にもその熱気が伝わってきて、エアコンを掛けないとどうにもならない。
アイドリング状態でしばらくエアコンを掛けていると、見る見るうちに水温が上昇っっっ!
車内の暑さは耐え難いモノがありましたが、オーバーヒートには勝てず、エンジンを切ります。
5分もすると、暑さの限界が来ますので、再度、エンジンをかけ、しばらくアイドリングでエアコンを掛ける。
冷えたら、エンジンを切る。これの繰り返しでした。
・・・・これが車に乗り込んで1時間以上続いたのです。
水温計は、もう少しで、120度! レッドゾーン直前っっ!
エンジンをかけ、エアコンを効かせるのですが、ある程度冷えると、アイドリングアップが切れます。
アイドリングアップが切れてしばらくすると、後付けの電圧計からアラーム音が!電圧が11ボルト前後にまで下がっています。
うちのテーマは、アイドリングが600〜800回転くらいでした。
テーマのオルタネーターは950回転位で発電が始まるということを、どこかで見ましたが、うちのテーマは普通のアイドリング時には、発電回転数に達していないのです。
で、電圧に問題が出たのでしょう、エアコンが効いてアイドルアップすると、電圧計が13.8ボルト位を示してアラーム音が消えます。
もう、水温とアイドリングを気にしながら、クルマが動き出すのを待つということで、心臓はバクバクしていますし、エアコンが効いているのに、冷や汗が出てくるようです。
これはしばらくの間、エンジン止めないといけないと思ったとき、クルマの列は動き出しました。
セーフでした・・・(^o^)
あとは、ス〜イスイ、無事帰宅できました。

最近、テーマに乗っていて思うことは、「信頼感がドンドン上がってきた」ということ。
去年、大手術を受けたあとは、エンジンもあまり回せないなぁとか、100キロ以上のツーリング出来るやろうかとか、マイナス思考ばかり(^^;)
でも、職場のゴルフコンペに毎月行くようになって、毎回テーマで出かけますが、トラブル知らず。
クーラント漏れも、収まってはいませんが、目立つこともなくなってきました。
それに燃費も、当初は、4キロくらいだったのが、今では、6キロくらいに改善してきました。
走り方を変えた訳でもないですので、やはりクルマというのは、乗れば調子よくなるモノだと、つくづく思いました。

最後に、クラクションについて。
今回の神戸行きで、一度、交差点内で鳴らすことがあったのですが、その時の音が、
ふぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んんんんんん・・・
という、すんごい余韻のある音が出たのです!
翌日、もう一度、この音が出ないか、車庫で鳴らしてみたのですが、ごく普通の
パン・・・・・
という音しかでません。
いろいろと押し方や押す場所を変えてみましたが、変わらず。

テーマのクラクションの音については、2種類の音が出るように作られているという話をよく聞きますが、オートザム仕様のテーマは、1種類しかでないらしい。
ガレイタモノはどうなのか、よく分かりません。
とにかく、私のテーマは2種類の音が出ることが分かったのですから、何とかして使い分ける方法を見つけねば!
しばらくしたら、ホーンボタンを見てみようと思います。


インプレ(退院第1号) [インプレッション]

昨晩(でしょうね、午後6時半なら)、受け取ってきました♪
修理中は、自分の仕事の関係もあり、なかなか立ち寄れなかったので、
バラしているところなどの、本来「エンスー」にはたまらない画像がなくて残念です。

社長にいろいろと教えていただきました。
まず、ショックは「モンロー」が入っていたこと(メーカー名を言われても・・・カヤバくらいしか^^;)。
あちこち、純正以外のパーツが付いていること。
電動ファンも違うものが付いていたということですが、これは、前オーナーが熱対策でされたのでしょう。
あと、バッテリーの移設。これも熱対策で有名ですね(どこで有名なんだか^^;)。
それから、各種の配線!電動ファンのリレーも取り付けてあったようですが、
機能していないので、配線を外したと言うことでした。

サスペンションの交換は、当初、アルファ164(姉妹車ですね)のものを入れるということでしたが、
結局、イタリアから純正品を取り寄せてセットしてくれたそうです。
おかげで、以前は地面を這うくらいの車高だったのが、ふつうのセダン並みの高さになりました。

乗り心地は上々♪
交換前は「カツカツ・・ガツンガツン・・・ガッ!」という感じでしたが、なんとスムーズなこと(^o^)。
車高が低かったときに、底を擦ったことがありましたが、触媒付近のカバーがいがんでいたそうです。
僕が擦った時の傷かどうかは定かでありませんが。

あとは、ヘッドライト。
そこにちょっと秘密がありました・・・・これから写真取りに行ってきます(^^;)


インプレ&いろいろ [インプレッション]


さて、1週間ぶりのテーマ操縦です。国旗色がいいですね。
近所のイタリア料理ファミレスの駐車場で撮影しました。
・・・・えぇ、えぇ、嫁孝行しないといけないので連れて行かれたのです(^^;)

しかし、エキゾースト・ノートが相当デカい!
今まで乗ったクルマは全て、どノーマルに近い状態でした。
ラリー用にいろんな部品は付けたことありますが、マフラー換えたりすることはなかったですから。
知り合いに整備士がいるのですが(コイツも相当なエンスーです^^;)、
そいつに言わせても、「かなり図太い音ですねぇ・・・それに、マフラーえらい上向きやし」という。
携帯で撮った写真で見えるかどうか・・・

前のオーナーがワンオフで作ったマフラーだそうです。

夜中にクルマに乗ることがあったのですが、暖機するのもはばかられる。
しかし嫁は「だいじょぶ、だいじょぶ、大したことないて!」と、異常に強気。
やはり、女性は大したモノだということでしょうかね。

燃費は、4.8km/l・・・・(−−;)相当、好燃費を意識して走ってこの数字。
今まで、最悪(ラリー出場、ベタ踏み状態)で8km/lの私にとって、この数字。
この週末だけで、約1万円ガソリン焚きましたよ、えぇ。
400kmくらい走らせたので、約80リッター入れて・・・しかも当然ハイオク。
中東情勢がややこしくて、ただでさえ油代が高騰してるのに、バカな私。
しかし、給油がうまくできていない可能性も無きにしもあらずなんです。
給油口が日本車に比べてかなり小さく、満タンになったのかどうかよくわからない。
セルフの給油所で自分で入れてその状態です。1回目の給油時に満タン入らなくて、
2回目の給油で満タンに近い状態になったので、使用したより多めに燃料が入ってると思う。
5〜6リッター多く入ってるとして・・・5.5km/lか・・・目クソ鼻クソですな。
しかし、エンジン音、エキゾーストノートの良さについついアクセルを踏んでしまいます。
しばらくは仕方ないでしょうねぇ。

ところで、足回りがかなりローダウンされていて、ふつうに走っていてもかなり底突きする。
マンションのスロープで擦ったのもこのせい。
サスの底突きだけでなく、もっと大きな激突音もしたりして。えらいことです。
こりゃ、足回りのやり直しをせざるを得ないかもしれません。
一度、整備士に頼んで、リフトアップしてもらって底を見てみよ(−−;)

では、また。


インプレッション(二日目) [インプレッション]

納車二日目にしてすでに悲劇が!

自宅マンションの駐車場出口が結構な勾配になっているのですが、
道につながる部分で一気に平坦になっているのです。
真横から見たら「へ」の字型になってるのかな、極端に言うと。
そこを通るときに「ガッ、ガガガガッッッ!」いきなり腹をこすってしまった。
「!」と思ってもあとの祭り、またこんど、そこに潜って見てみます。

今日は仕事の嫁をテーマで送って、その後、私はとある模擬試験を受けに。

試験も終わって昼から乗りました。
いろんなボタンも何となくその役割がわかってきましたし、
やっぱり一日乗ると違うモンですねぇ。

さて、このクルマのメーター類。いろんなメーターが付いていますが、
停車しているのにこの状態です(エンジン停止状態)。

小さくて見にくいでしょうが、タコメーター(右)は約500rpmを指しています。
スピードメーター(左)に至っては、20km/hを指しています(^^;)
ネット上でいろんなイタ車の画像を見ましたが、
5年以上前の車種のほとんどのメーターがこの状態ですね。
テスタロッサもディアブロもアルファもアウトビアンキも。
アバウトですねぇ〜。さすがイタリア製と思います。

で、実測速度と差があるのか?ものすごく気になるところですが、
残念ながら今のところ誰か知り合いの日本車と併走して、
計った訳ではありませんので、正確なことは言えませんが、
周りのクルマの流れから考えて、ほぼ合っているようです。一安心。

しかし、速度計が合っているとすると、昨日今日と結構なスピードで
街中を走っていたことになります。それでも3速までしか入れてない。
何回か5速まで入れましたが、アイドリングがかなり高めに(1000〜1500rpm)
セットされているので、60〜70km/hだとアイドリング+αの回転にしかならない。
そこから踏み込んでもそれなりに加速しますが、エンジンに負担が掛かるかもしれませんね。

さて、今日はこのくらいで。また明日続きを書きます。


インプレッション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。