So-net無料ブログ作成
検索選択

車検終了 [etc.]

先週、無事に車検が終了しました。

この車を手に入れてから、約3000キロくらいしか走らせていないのですが、やはり古い車ですので、いろいろと不具合があります。
今回も当然、主治医のところにお願いしました。

不具合のあったところは、まず.....鍵です。
私の手元には鍵が1本ありましたが、運転席しか開けられない鍵でした。
もちろん、エンジンは掛けられますが(^^;)
これまでのオーナーが何かの理由で付け替えたのでしょう、運転席とイグニッション以外は違う鍵のようで、助手席もトランクも鍵を開けるどころか、閉めることもできませんでした。
つまりトランクは、この車を買ってから1年半のあいだ、一度も鍵を掛けていないということでした。
盗られて困るようなものは入れていませんが、うちのテーマは、バッテリーをトランクに移設してありまして、
イタズラするにはもってこいの状態だった訳です。
まぁ、トランクルームにバッテリーが入ってるなんて、誰も夢にも思わないでしょうが。
今回、キーセットを交換してもらいました。

つぎに、エアコン
エアコンを掛けて走っていると、アクセルオンすると「チリチリチリ....」と、定期的な小さな音がしていました。
何か、ファンに当たっているのか、ひょっとしてモーターがいかれているのか....
それと、左Gが掛かると、ダッシュボードとボンネットの間くらいのところから「ゾザザザザザァァァァァ.....」と、もの凄い音が何度かしたのです。
そのことを主治医に伝えると、「ブロアモーターがいかれてるのでしょうね。ザザザーという音は、たぶん、エアコンが作動して除湿した水が、ドレンが詰まっていて渦巻いているのでしょう」とのこと。
ブロアモーターがいかれているなら、結構、値が張ると...仕方ありません、直してもらわないと。

あと、ヘッドライトの光軸調整。
これはもう、ず〜〜〜っと不満に思っていた(というより、とても危ないと思っていた)のですが、ヘッドライトがあまりにも暗く、ヘッドライトだけでは「ほの明るい」という程度の状態だったのです。
フォグランプを点ければ、手元は明るくなりますが、ほんの数メートルだけのこと。
スポットランプ(ゴールデンウイークの作業で、点灯するようになったもの)は、明るいのですが、どうも、かなり上方を照らしているようで、前の車に怒鳴られそうな状態です。
主治医に教えてもらったのですが、テーマのスポットランプは、イタリアの法律に則って、ヘッドライトがハイビームのときに点灯するように作られているものとのこと。
日本の法律では点灯させられないものだそうで、車検時には、バルブを抜くそうです。

あと、クーラント漏れやパワーウインドウスイッチの故障など、こまごまとしたことをお願いして、車を預けてきました。

約2週間、整備が終わったと連絡をいただき、さっそく、取りにうかがいました。
今回の車検では、去年のエンジン大修理でキチンと整備してもらったので、エンジン関係の部品交換は無し。
タイミングベルトも前回交換してもらっているので、今回はしませんでした。
うちのテーマは、オデッセイのドライバッテリーを積んでいるのですが、あまり相性が良くないのか、つねに上がり気味なのです。
主治医もこのことはご存知で、今回、ノーマルバッテリーに戻すかどうか相談しましたが、結局、もうしばらく様子を見ることにしました。
アイドリングが低いため、どうやら暖機後の落ち着いた回転数では、オルタネーターがほとんど発電していないようなので、そのうちにアイドリング回転数を少しあげてみようと思います。

今回の車検は、私のこれまでの車生活の中で最高額のものとなりました(^^;)
嫁に言わせたら、「んも〜〜〜、とんでもない!」という金額です。
これまでの出費で、テーマをもう1台買えるくらいになってしまいましたが、
まあ、もう、あまり、そんなに、お金が掛かることはないでしょう......たぶん(^^;)

現在、快調そのもの!
これでまた一つ、私のテーマに対する信頼度が上がりました。
今月末の、LTOCの全国ミーティングが楽しみですっ♪

その前に、洗車しておかないと・・・(^o^)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

ファントム8.32

ご無沙汰してました!ファントムでーす!
 心を忘れるほど時間がみつけられず、
一ヵ月半ぶりに、このあいだ8.32のステアリングを握りました!
8.32のステアリングを握ると、やっぱり、あらためて、わたしの、
しあわせ、を、実感します。

わたしもブロワーファンモータを交換しています。
(自分自身で、ピンを取り外してから、「えい やー!」と壊すつもりで、取り外した記憶がよみがえります)
クラッチもレリーズベアリングがバラバラになった様でクラッチが、きれなくなったので、修理のために主治医のとこまで自走して運びました。
(発進の時、エンジンを止めてシフトをローに入れ強力なセルを回して発進させて信号機など停車時の対応をしたことを思い出しました~)

ファントムはクラブにはいっていない一匹狼なので
                      記事が
今月末の、LTOCの全国ミーティングの   たのしみですっ♪
      クラブの人は「どんなタイヤホイールを履いているのかな~」?
楽しみにしています!
by ファントム8.32 (2006-10-25 21:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。